2017/04/04 12:23

山形もやっと遅い春がやって来たような陽気です。花や木々の新芽も色ずいて来たようです。京都の尼にして歌人である大田垣蓮月の歌に「山里の柳の芽にもみゆるまでほのめきわたる春の色かな」とゆう歌があります。今日はまさにそんな気分です。思い出して蓮月尼がこの歌書いた掛軸をお店に掛けてみました。歌の横に柳の絵が描いてある画賛です。時候にあった物を掛けてお茶をいただける茶道ならではの楽しみですね。

  • Home
  • About
  • Blog